自由にお金が使える不動産担保ローンのメリット

一般的にローンとしてお金を借りるとき、連帯保証人がいなければ保証料が取られることが多い。
信用のおける保証人の代わりに、保証代行業者などに負担を依頼するのだ。
しかし、せっかくお金を借りたのにそのうちの10パーセント弱の保証料をとられると損をした気がする。
それを覆すのが不動産担保ローンである。
不動産担保ローンは、保証料の代わりに自ら持っている不動産に抵当権を設定してお金を借りるのだ。
それだと、自分の所持している不動産を失うリスクはあるものの、借りたお金を全部使えるのである。
また、ローンを組む場合には普通使用用途が限られる。
例えば住宅ローンや教育ローンと言った具合である。
ところが不動産担保ローンでは、使用用途が限られないことが多い。
つまり、不動産と言う信頼の置けるものを担保にしているため、借り手に借りたお金を自由に使用させる裁量があるのだ。
そのため、不動産担保ローンはおすすめである。http://www.cemcorporation.jp/