栗林歯科医院で歯周病対策

歯周病が怖いのは、患者様本人が気づかないうちに病気が進行し、痛みや不具合を感じるようになった時には手遅れのことが多く、そうなっってから治療を開始しても数本の歯を失ってしまいダメージが大きいことにあります。
歯周病の場合、あごの骨や歯茎の状態を見極めるための検査を行います。
検査結果をもとに、治療方針を立てます。
栗林歯科医院は、従来の歯科医院で行われている歯周病の予防処置としての歯石を取ること、歯磨きの練習、歯のクリーニングはもちろんのことですが、もう一歩進んで歯周病対策を意識した、早期の予防治療が重要と考えています。
是非、栗林歯科医院で、自分が生涯使う大切な歯の事を一緒に考えましょう。
スタッフ一同笑顔で、御来院をお待ちしています。